安い引越し業者を探すおすすめの方法

MENU

引越し料金が安い日を狙って依頼する

引越しには安い日と高い日があります。引越し業者が暇な時期に日程を合わせることができるなら忙しい時期と比べて安い費用で引っ越しを依頼することができます。

 

サービス内容自体に違いはないので、日程を変更するのは最もおすすめできる方法の一つです。

 

引越し業者が暇な時期は、忙しい時期以外と思って差し支えありません。

 

資格引越し料金が高い日とは

  • 3月から4月の繁忙期(シーズン)
  • 月末
  • 土日・祝日(金曜日も)
  • 大安・友引

3月から4月の繁忙期(シーズン)

学生の卒入学や新社員の入社、社会人の異動が重なり一年で最も引越しが忙しく料金も高くなります。また最近では人手不足により引越し難民などという言葉も生まれ、ますます繁忙期の引越し費用は高くなる傾向にあります。

 

下手をすると他の時期の3倍ということもあり得るので、現在のお住まいの賃貸契約を1ケ月伸ばしてでも翌月に依頼した方が安くつく場合があります。

 

ちなみに4月が忙しのは上旬までで中旬になると安くできます。

 

月末

月初から中旬よりも月末は賃貸契約の関係で引越しが集中します。大家さんとの交渉で日割り計算してもらえるなら、月末だけは外した方が引越し費用を安くするうえではおすすめです。

 

土日・祝日(金曜日も)

土日や祝日などのお仕事が休みの日に引越し業者が忙しくなるのは誰でも想像できそうです。しかし昨今では金曜日に有給を取って引越しを済ませ、土日で荷解きをする人も多いようです。

 

引越し料金を安くするために平日を狙っているなら金曜日は外した方が良さそうです。

 

大安・友引

大安や友引は引っ越しをするうえでも縁起が良い日として昔から人気があります。特に婚礼や新築などの引っ越しでは積極的に選ばれる傾向が高いので、引越し費用を安くしたいなら外しましょう。

 

これら引越しが高い日の条件を一つ一つ外していくことで引越し費用は安くなります。日程の変更は最も費用対効果が高い方法なので、ぜひ試してください。

 

ただし、引越し業者によって個別の日程の受注状況に違いがあり安くできる日には微妙に変わってくる場合があります。あなたが引っ越しはいつでもできるなら引越し業者と相談するのが最もおすすめできる方法です。